便秘について解説

  1. Home>
  2. 体や健康のお話>
  3. あなたは便秘ではありませんか?

あなたは便秘ではありませんか?

便秘はニキビや吹き出物・肩凝り・頭痛・腰痛の原因と言われ、ガンになりやすいものです。便秘とは何日も便が出ない状態です。専門的視点から見ますと、便を出すのに10分以上かかる・便が固い・もう少しで出そうだがスッキリしない状態も便秘です。
ある調査では女子高生の47.7%、働く女性の53.9%が便秘傾向にあったそうです。

便秘になるのは我々を取り巻く生活環境や食生活が、大きな原因となっているのです。

第1の原因.ストレス
便は「ぜん動運動」という収縮運動で送られるのです。これは自律神経によって働き、ストレスを感じた時は腸の動きが抑制されぜん動運動も低下するのです。
第2の原因.旅先
行きたい時にトイレに行けなかったりして、便意を我慢しますと便秘になるのです。
第3の原因.ダイエット
食事を減らすと便そのものが少なくなるのです。
第4の原因.妊娠中や産後
子宮が膨らむ状態になりますので、ぜん動運動が抑えられるのです。

便秘になると大腸ガンになる可能性が高まるのです。胃ガン・肺ガンに次ぎ3番目に多いガンで、腸内細菌とタンパク質や野菜、脂肪が関係しているのです。腸内細菌は栄養分の消化と吸収を助けるもので、種類は100種類以上100兆個が腸の中に存在しているのです。
ビフィズス菌や乳酸菌は有益な働きを行う善玉菌で、内容物の腐敗を促進しているのです。その反対に、大腸菌やクロストリジウムなどの悪玉菌は、有害物質を生成しているのです。悪玉菌が異常繁殖した時にタンパク質を摂取いたしますと、アミンという物質に分解されるのです。化学肥料を大量に使用した野菜を摂取すると、肥料に含まれる硝酸イオンがアミンと結合して「ニトロソアミン」という発癌物質となり、細胞核の遺伝子を傷つけガンの素を作るのです。
更に脂肪の過剰摂取は胆汁酸の大量分泌を起こし、 悪玉菌が胆汁酸を二次胆汁酸に変化させてガンの素を増殖させるのです。

最近の研究では、乳ガンも引き起こされることが判明してきております。乳房の内部は、母乳が作られる小葉と母乳が流れる乳管で構成され、全体を乳腺と呼んでおります。この乳腺の組織を形成する細胞がガン化するのです。乳ガンは女性の中で最も発生率が高く、特にアメリカでは9人に一人が発病し、女性の死因のトップを占めているのです。
エストロゲンと言う物質は女性ホルモンの一種で、細胞の代謝を促進させ、血流によって乳房に運ばれ、乳腺細胞の増殖を促進しているのです。エストロゲンの分泌が多くなりすぎると、逆に細胞を傷つけてしまうことがあり、傷ついて変異した細胞が残ると、その状態で増殖してガン細胞になるのです。エストロゲンの過剰分泌は便秘によって引き起こされるのです。

ガン細胞への変化を防ぐ手段の一つとして食物があります。乳ガンの素になる変異細胞の中にエストロゲンの受容体がありますが、大豆に含まれるイソフラポンはこの受容体と結合できるのです。エストロゲンよりも先に結合すれば、変異細胞の増殖を防げるのです。
その他にもニンニクに含まれるアリキシン成分には、発癌物質を無毒化する働きや免疫力を高める働きがあり、1日1片でも効果があります。
またデンプンも、腸内細菌によって酪酸及びプロピオン酸という物質に分解されるのです。この酪酸がガン予防に効果があるのです。
たかが便秘と考えず、解消することが様々な病気から身を守る最良の手段なのです。その解消の方法の一つとしてマッサージやはり治療等も有効なのです。

HOME | 体や健康のお話 | 東洋医学のお話 | お問い合わせ | サイトマップ