ご自分の症状に合った正しい治療、治る治療を行いましょう

治療について

毎日の生活の中で、体に変調を来したときには、間違った治療法ではなく、ご自分にあった優しい治療法を見つけましょう。

一般的に行われている治療が、絶対正しいとは限りません。医療は日進月歩、日々発展していますが、まだまだ解らない事だらけです。間違った治療法でよけい痛くなったり、状態を悪化させてしまう恐れもあります。

例えば、椎間板ヘルニアを例にとって考えてみましょう。椎間板とは、脊柱を形成している24個の椎骨の間にあるクッションの様なものです。(ヘルニアというのは「飛び出してしまう」の意味です。)椎間板ヘルニアの場合「出ている」ということより「なぜ出てしまうのか」ということの方が重要です。

それではなぜ出てしまうのでしょうか。
それは、老化で骨が脆くなっている事も有るでしょうが、筋肉が弱くなり、身体のバランスを失い、土台である骨盤が曲がってしまうことも考えられます。そのために、脊柱がSの字状に湾曲して、クッションである椎間板が真っすぐつぶされず、バランスの悪いつぶれ方をしてしまうこともあります。片方だけつぶされれば、もう片方から飛び出してしまうのは自然に考えられる事です。ちょうど、おまんじゅうを片方から食べた時、その反対側から、はさんであるあんが出てしまうのと同じ要領です。

椎間板ヘルニアの治療でよく行われるのが「けん引」です。土台である骨盤の歪みにより、柱の脊柱が湾曲しているにもかかわらず、その湾曲した脊柱だけを、何十キロもの重りをつけ無理にひっぱるのは、根本的な治療と言えるでしょうか。
無理に引っ張られた筋肉や靭帯は、その後にゴムのように縮む習性があります。けん引をしてる時は少し楽かもしれませんが、その後痛む恐れがあります。もしくはけん引している時、すでに痛む人もいるでしょう。

それでは、湾曲した脊柱を、ギプスのような硬いコルセットで固定すればいいのでしょうか。
これも曲がったまま固定されて苦しいだけです。お腹の消化器官まで圧迫されて、筋肉や内臓の機能が低下します。
また、その湾曲した脊柱を支える筋肉の緊張を、「冷シップ」でただ冷やせばいいのでしょうか。急性的な疾患、例えば「打ち身」や「捻挫」「ギックリ腰」、腫れていたり熱をもっていたりする場合は患部を一時的に冷やしますが、慢性的な腰痛、椎間板ヘルニアは逆に温めたほうが良いのです。

スースーする塗り薬や冷シップは、炎症のない患部には、その時だけ気持ちがいいだけで、治療とは言えません。軽度のものならそれでいいかもしれませんが、重症なものはただでさえ循環不良で冷えている所を冷やすと、さらに患部が萎縮し、硬くなり、血行を悪くさせます。
重症な人では、「手術」と言われる人もいます。椎間板がつぶれて飛び出した所を取る手術です。

はたして、飛び出してしまった椎間板を取ればいいのでしょうか?
手術によって湾曲している脊柱を、そこだけ真っすぐに何かで固定すればいいのでしょうか?
もちろんその「飛び出した」ことにより圧迫される神経もありますので手術も痛みを取るためには一つの療法です。

脊柱には脳から腰のあたりまで脊髄が入っていて、脊柱を形成する一つ一つの椎骨の後方両脇にある、椎間孔という穴から、各部位へ神経の枝を出しています。
椎間板が飛び出してその神経を圧迫することで、その神経が支配する各部位に、痛みや痺れが出てしまうのです。そこでその飛び出した椎間板を除去しようというわけですが、どういう訳か、除去した後も症状が残る場合が多いのです。
なぜかというと、椎間板が圧迫しているだけの事ではないからです。それは原因のひとつに過ぎず、椎間板が飛び出すまでの脊柱の歪みによる周辺の筋肉や、靭帯の緊張、引きつれ、などもその神経を圧迫していますし、血液の循環も悪くなっているからです。

一番ヘルニアの多い腰椎4番と5番の間、そこを今の要領で飛び出している所を切り取って、4番、5番を国定します。しばらくすると、3番と4番の間でヘルニアが起こります。土台が斜めのままなので、柱をいくら補修したところで同じことです。バランスをとるためにはどこかで都合をつけなければならないのです。
どうすればいいのでしょうか?

それは土台の骨盤をまっすぐに整える
筋肉の柔軟差を呼び起こすマッサージ+伸ばし運動+強化運動

を行い、自分自身の体に備わっております治癒力を高める事が必要です。

ただし、過激なカイロ治療や整体治療は、お勧め致しません。

また、レントゲンやMRIは、あくまでも検査であって、治療ではなく、それで治ることは絶対にありません。
痛み止めの薬、注射、座薬、ブロック注射はあくまでも痛み止めです。


痛みは身体からのSOSサインです。火災が起きている所の警報ブザーのようなものです。火災が起きている時、火を無視して響報器の電源コンセントを抜いてしまうことに似ています。もちろん、治療の上で必要なことも数限りなくありますが、そのままではいけません。

この世の中には、すばらしい治療法はたくさんあります。しかし、見当違いな事をしていてはいけない、と言うことです。野菜が欲しければ八百屋へ、肉が欲しければ肉屋へ、乾物屋に行ってもしょうがありません。その症状に合った正しい治療、治る治療をよく見極めて、医者任せ、他人任せではいけません。

気を付けて欲しいのは、痛みや症状の原因をよく見極めて、他人任せにしないでご自分でも進んで治療に参加、学習し、体や心に優しい暮らしを、過ごして行きましょう。

あなたの体は、あなた一人だけに与えられた、たった一つの、大切な身体なのですから。

骨盤矯正、鍼灸何でもご相談ください!

 

営業のご案内

モバイルサイト

スマホサイト

バイオリズム診断